忍者ブログ
アレルギー対策に、治療もお薬も効かない人がいる理由とは?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「食物アレルギー 症状」の乳児です。

 



「食物アレルギー 症状 乳児」の良くある質問 by Yahoo!知恵袋
Q.アトピーもしくはアレルギーと飲酒の因果関係自分は最近まで首と左ひじにアトピーが激しく出ていました。健康保険の切り替え手続き中の為皮膚科にも通えず、ずっと市販の塗り薬だけで対処してきたんですが、全く治る気配がありませんでした。最近、また太りだしたので断酒してみることにしたんです。すると2日位してからアトピーがすーっと消えて塗り薬がいらなくなりました。特に首の治り方が凄く、1日で引きだしました。こんなことってあるのでしょうか?因みに自分はアレルギー体質で、金属(ニッケル・クロム等)、花粉、ダニのアレルギーがありますが、食物アレルギーはありません。全くではないのですが、チョコレート、ココアを軽く制限される程度で、日常生活には支障ないんです。他、消毒用アルコールには全くの反応なし、病院で注射の前後にされる消毒もどうもありません。缶チューハイをメインに家で飲んでいました。ビールは飲めません。掻いた跡はまだ残っているのですが、断酒したことでアトピーが引くのは初めての経験です。何か因果関係があるのだと思ったのですが、自分には分からないので投稿させていただきました。同じような経験がある方やアトピー、アレルギーに詳しい方にご回答願えればと思います。外での飲み会の時も不思議と平気なんです。
A.因果関係、あります。アトピーだけに関わらず、お酒はアレルギー症状を悪化させます。それはお酒に含まれる糖分が、血中のアレルギー抗体を結びつける手下となって働くからです。だから甘いものが大好きな人も同様にアレルギー症状はつらいのです。皮膚のアルコール消毒は血中に関係ないので何も影響しません。また自律神経がよく働いているときもアレルギー症状は軽減されます。つまり頭が活性化しているときは自律神経も活発でアレルギー抗体をブロックして仕事します。家でぼーっっとしてたりだらだらしてるとそれは自律神経が隙だらけの状態でアレルギー抗体にガンガン狙われます。それが家で飲んでるときと外で飲んでるときの違いと思われます。
Q.食物アレルギーについて。小6の子と9ヶ月の子がいますが、上の子は 小さい頃から乳 卵 牛肉 鶏肉 魚介 甲殻類 そばなど母乳から除去してきました。今は 乳、卵、貝、甲殻類のみ除去なのですが、耐性を待っていては いつまでも食べられません。誤飲も恐いし…海外では 普通に行っている 減感作療法に踏み込みました。始めたばかりで 治るかは わかりませんが…下の子も 私が妊娠八ヶ月から卵 乳 だけは いまもに除去してますが 最近思うのは、減感作療法からいえば わずかな量を与えて耐性つけたほうがいいのかとも思います。完全除去 それとも症状がでない程度に母乳から…どうしたら…早く みんなと同じ食生活送れるためには?
A.日本のアレルギー学会でも症状が出ない程度に摂取していく方針になっているようです。ただ、方針が変わったのが最近のようなのでお医者さんによっては完全除去の方針をとっているみたいです。ただ、アレルギー物質を自己流で摂取していくのはリスクが高いので、日本アレルギー学会に加入しているお医者さんに相談の上で行なった方がいいと思います。
Q.猫の皮膚病について。猫の両脇、お腹、などにきれいなハゲがあります。たまになめてるだけですごーーーーなりくかゆがってるわけではないんですが時々なめる程度です。皮膚の状態は綺麗なピンクでつるつるしてます。はげに気が付いたのは2歳の時(今は8歳)まずはお腹だけでした。あまりにも範囲が広がり、それに赤いぽつぽつしたものができるようになりその場所がかゆいようです。はげの箇所も増えてきたので病院へ行ったらアレルギーと診断され、食事療法食を与えてます。でも検査をしたわけではないんです。とりあえずやってみましょうみたいな感じで、一体なんのアレルギーなのかわからないのに・・・・。与え始めて1か月たちますが状態は変わりません。食物アレルギーは3-4か月続けないと結果が出ないそうですが食物アレルギーってもっと皮膚がぼろぼろになると思うんです。病院では猫のアレルギーは犬に比べて10-20パーセントぐらいしかわからないそうです。痛々しいわけではありませんがだいぶ範囲が広がってきているので(脇10センチくらい、お腹、手を広げてもハゲが丸見え)みっともなくて・・・・。同じような悩みをお持ちの猫ちゃん飼い主さん、いらっしゃいましたらアドバイス、考えられる原因・・・よろしくお願いしますm(__)m
A.家の子も お腹ツルツルになりました病院で見てもらうと「アトピー」と診察されました始めの病院では「注射でしか治らない!」と哀れ痛そうで可愛そうと言うと「俺の診察になにか??」的な感じで不審になり病院をかえました次の病院では粉薬を頂きました「ここの看護婦さんの子もおなじでね、コレが効くといいですね」と「オババン」という、ホルモン剤でやっと生えてきました(^^)よかった!!(^^)病院を変えるのもひとつだと思いますよ(^^)



[関連タグ]


 食物アレルギー

 食物アレルギー 症状

 食物アレルギー 治療

 食物アレルギー 検査

 赤ちゃん 食物アレルギー

 食物アレルギー ガイドライン

 食物アレルギー 原因

 食物アレルギー 病院

 乳児 食物アレルギー

 食物アレルギー 離乳食

 食物アレルギー研究会

PR
 

  • SEOブログパーツ
【Links】
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]