忍者ブログ
アレルギー対策に、治療もお薬も効かない人がいる理由とは?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「花粉症 対策 グッズ」の目です。

 



「花粉症 対策 グッズ 目」の良くある質問 by Yahoo!知恵袋
Q.まぶたの上にぷつぷつとしたものができました。花粉症で目が痒いので、掻いてばかりいたら、ぷつぷつが大きくなって気がします。このできものは何科に行けば治してもらえますか?皮膚科ですか?眼科ですか?
A.もしかしたら脂肪の塊かもしれません!!皮膚科じゃないでしょうか?
Q.突然の指名で申し訳ありません。私は30代女性です。最近四年前にお付き合いしていた方と、再会しました。当時付き合っていて別れて、一年位経って私はHIV検査して陰性でした。それから四年。再会しHをしました。その人は毎回生です、5、6回しかしていないですが、最後一回だけ中だしでした。その直後から、痒くなりカンジダにかかっている事がわかりました、そしてHIVも怖くなりました。その人に検査してほしい事を言ったら、わかったと言ってくれました、しかし、私が病気ばかり疑うので、相手はイヤになってしまい、今は連絡はとれなくなりました。その人と最後の行為から6週間経って、喉がすごく痛くなって一週間経ちますがまだ治りません。HIVの初期症状に似ていたので心配になりました。熱、倦怠感などはありません、ただ喉が痛いです。初期症状で、発熱等はなく喉だけ痛くなる事あるんでしょうか?私は花粉症もあり、花粉症で喉が痛いのかな?とも思いますが。心配なので検査に行く予定です。今7週間経った所ですがまだ早いですよね?長々申し訳ありません、よろしくお願いします。
A.こんにちは。リクエストありがとうございます。質問の内容からしますと、生での性行為が一度あり、相手がHIV感染者か確認できないのであれば、可能性は0%とはいえません。ですが、内容を見る限りですと、HIVの初期症状に似ているかといわれますと、似てないように思います。HIV急性感染期での初期症状で最も多いのは発熱です。発熱の出る割合は約9割ほどと言われています。もちろん何の症状も出ない人もいますが、発熱は多くの方がなりやすい症状だといえます。たしかに咽頭の腫れというのも症状としてはありえますが、「咽頭だけ」という事ですので、HIVではなくむしろクラミジアなどが咽頭に感染してしまっている可能性のが高いかもしれませんので、もしよろしければ耳鼻咽喉科などで検査してもらえる場所もありますので、一度検査してみるのもいいかもしれません。HIVの可能性でいいますと、咽頭だけという事ですので、絶対にHIVじゃない・・・とは断言できません(検査しない限り分かりませんので)が、症状だけでいえば、初期症状ではないと思いますので、あまり心配される必要はないと思います。安心していただければと思います。危険行為から7週目という事ですので、せめて2カ月以降に1度検査をしてみて、その後もう一度3カ月目以降に検査をすると良いと思います。2カ月目での検査でも信用性はありますが、感染していない事を120%にするためにも、3カ月目以降にもう一度受けて頂いた方が良いと思います。きっと大丈夫ですが、検査して結果を見ない限り、不安になってしまう事があるとおもいますので、是非検査に行ってくださいね。そして、これからはコンドーム着用での性行為をすれば、HIVの心配をする必要もありませんので、是非そうして頂ければと思います。
Q.薬の消費期限について花粉症でベタセレミンと言う少し強めの薬を病院から処方して貰っています。昨日2日に病院へ行きその薬を貰いました。しかし去年3月6日に出されたその薬が余っています。去年の薬ですが飲んでも平気ですか?また薬は消費期限?どれ位持つのでしょうか?医療関係や薬剤に詳しい方、薬に知識ある方お願いします。
A.一年前なら 大丈夫です。薬の保管状態によっても 違いはありますが、二年くらいなら 問題ないです。包装に傷で穴が空いていないものに限りますね。開封して 空気にさらしたら 早めに使用してください。



[関連タグ]


 花粉症

 花粉症 症状

 花粉症 対策

 花粉症 薬

 花粉症 病院

 花粉症 時期

 花粉症 注射

 花粉症 頭痛

 花粉症 咳

 花粉症 目薬

 花粉症 予防

PR
 

  • SEOブログパーツ
【Links】
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]